top of page

社内研修の様子

弊社ILUTYグループでは月1回、トレーナーの自己研鑽の場となるよう社内研修を実施しています。


グループ内で、同じ議題において意見を交わしたり、経験したある状況について、皆で解決出来るよう策を模索したりと、グループ全体で高め合える時間を設けています。


その様子を少しだけ共有させていただきます。


今回のテーマは「頭の位置を整える」ための第一弾


担当:横内

【腹筋を使った丸まる動き】


ジムにご来館されるお客様の中で、背骨が動かしにくそうな方が多くいらっしゃいます。


それは、歳と共に固まったのではなく、普段の姿勢の悪さから起こってしまったものがほとんどです。


どんな不調が起こるかというと…


・胸が張れないので腰で代償したり

・肩が上がらないので腰で代償したり

・頭が前方に突出(ストレートネックなど)したり


など多くの障害が起こってきます。


「丸まっているなら反ればいい」と思うかも知れませんが、背骨が硬い状態で反る動きを行うと多くが腰で代償しているので、背筋が頑張り過ぎてしまい、肩を痛めてしまったり、反り腰を助長したり、腰痛の原因にもなります。


そうならないためには、腹筋適切に機能している状態をつくり、ロックした状態で反る運動をしなければなりません。


そのための方法を実践を交えておこなっていきました。


【研修内容】



・呼吸パターンの改善

・腹筋を固定した状態での手足の運動

・背骨の分節運動


を行い、普段背中が緊張気味で重心がつま先にあるトレーナーたちの重心を踵に持っていくことに成功し、一安心しました…


比較的、女性は反り気味の傾向にあり、丸くなることを忘れてしまっています。(男性もiいらっしゃいます)


その場合、腹筋は機能しずらく、背筋ばかりが働いているため、無意識に背面が緊張していることが多いです。


それを改善するのが今回の内容でした。


適切な呼吸パターンを取り戻し、腹筋が使えるようになると、背面の無駄な緊張が取れ、大きく息を吸い込めたり、肩の痛みが少なくなったりします。


その後で反る動きをおこなっていくと頭の位置が整い、適切なポジションを維持するので、日常生活をもっと楽に過ごすことができるのです。


なので、筋肉を育てることも大事ですが、体のアライメントや機能を整えることも同じくらい大事なのです。


では、反る動きですが…


続きはまた次回の横内の回にお話しますね。



今後は従来のようなオンラインの研修に加え、このような、トレーナーが持てる知識をアウトプットする機会を設け、グループ全体で前進していけたらと思います。


お客様がよりご満足いただけるように、トレーナー自身も常にレベルアップに努め、サービスの向上に努めて参りますので、今後ともご愛顧のほどよろしくお願い致します。



閲覧数:103回0件のコメント

関連記事

すべて表示

Opmerkingen


bottom of page