top of page

パーソナルトレーニングに関する事故・怪我・トラブルについてプロが解説!

更新日:2023年12月22日



今回の記事では、パーソナルトレーニングを始めるにあたって、事前に知っておきたい事故や怪我の可能性の可能性やトラブルの内容、それに対する予防法について、筆者のプロのトレーナーが解説いたします。


事前に対策をとることで、事故や怪我、トラブル等を未然に防ぐことができ、安心・安全にサービスを受けられます。


また実際の事例やよくある事例などについても紹介していますので、「ジムに通いたいけど怪我しないか不安」、「どういう基準でジムを選べばいいかわからない」という方はぜひ参考にしてみてください。


併せてこちらもご覧ください。





パーソナルトレーニングによる事故・トラブルの傾向



近年、世界人口の増加に加え、フィットネスブームということもあり、フィットネスに関わる人口は増え、特に、パーソナルトレーニングにおいては、指導する側も受ける側も簡単に始められ、期待する効果が得られる可能性が高いので増加傾向にあります。


しかし、関わる人が多くなればなるほど、事故や怪我、トラブルの件数も必然的に多くなり、軽いものから重いものまで幅広く存在します。


契約前に知ることができれば良いのですが、確認もそこそこに契約してしまうと、事故やトラブルになる可能性が高くなりますので注意しましょう。


そういったことに巻き込まれないことが1番ですが、いつ自分に降り注いでくるかもわからないので、どういったものがあるのか下記を確認していきましょう。


事故・トラブルの実際の事例5個



実際にあった事故やトラブルの例をご紹介いたしますので、明日は我が身という言葉もあるように、事前に知り対策をしておきましょう。


例1:骨折

パーソナルトレーニングで足を胸まで引き上げる動作を繰り返していたら、胸に強い痛みが走り、後日受診してみたら肋骨を骨折。(国民生活センター報道発表資料より引用)


例2:腱板損傷

ベンチプレスで重い重量を「もてない」と伝えても「メンタルの問題」と言われ、重いものを持たされた挙句、肩から「パキン」という音と共に腱板損傷をしてしまい、リハビリが必要になってしまった。(国民生活センター報道発表資料より引用)


例3:専門知識を持たないトレーナーの指導

腰痛持ちであるということを伝えた上で、腰痛改善のためのプログラムに3回通ったが痛みが出てしまい、立てなくなってしまった。後日受診すると、骨に異常があると言われ、2週間の治療が必要になった。(国民生活センター報道発表資料より引用)


例4:30日返金に応じてくれなかった

インターネットで見つけた相手方の契約後の指導内容が、とてもプロレベルではなく、食事指導も感想程度の指導のため今後の怪我等のことも考え「30日以内なら全額返金」されることになっていたので返金を求めたが、応じてくれない。(国民生活センター報道発表資料より引用)


例5:契約書がなく全額返金してもらえなかった

インターネットで相手方の経営するジムの体験から始め、契約書などは記入せず入会。体調不良のためキャンセルを繰り返してしまい、結果一回も行けなかったので全額返金を申し出た。しかし、キャンセル料や手数料などを差し引いた金額しか返金できないと言われた。(国民生活センター報道発表資料より引用)


こういったトラブルは、契約前に知っておけば防げることも多くあるかと思いますので、予備知識として思えておき、そうならない様に契約前に確認しておきましょう。


また、ジムに入会する前に体験を受け、ジムやトレーナーの質を確認したり、契約内容を確認したりして、実際にサービスを受けてみることも忘れないようにしてください。




動画のような事例が実際に起きているということは事実としてニュースにも取り上げられています。


自身の経験で指導を無資格で行うトレーナーは、近年増えており、それはまだトレーナーという職の地位が確立されていないことが一因だと考えます。


医者や教師などのように国家資格や免許がなくても、トレーナーは無資格で始められる職業ということもあり、必ずしも安心・安全が保証されているわけではありませんので注意してください。


事故・トラブルに遭ってしまった時の対処法



①ジムの責任者に相談する

ジムの責任者、いわゆるオーナーに事実を話してみましょう。


立場上、担当トレーナーとあなたの間に立って、中立的に判断してくれる可能性が高いとともに、ジムの印象を悪くしないよう努めているからです。


契約書にはこう書いてあった、しかし、実際は違ったなど、ジム側に落ち度があるものに関しては、事実を話せば返金など対応してくれる可能性が高いです。


契約書には、「いかなる理由があっても契約後の返金はしない」と記載してあり、契約した場合など、あなた側に落ち度がある場合は認められない可能性も一部ありますので、注意しましょう。


②消費生活センター・国民生活センターに相談する

商品やサービス、消費生活全般に関する苦情や問合せなどについて、公正な立場で処理してくれます。


パーソナルトレーニングもその一環として、適切にアドバイスをくれたり、間に入って対応してくれるので、通っているジムのトレーナーや責任者で、話の折り合いがつかない場合は相談してみましょう。


③法的処置をとる

最終手段として、法的に対処することを検討しましょう。


パーソナルトレーニングは高価な場合が多く、一括で支払った場合は、「まあいっか」では済まない金額である事がほとんでです。


裁判を起こしたり、弁護士を立てるとなると、別途費用がかかってしまうかもしれませんが、やむを得ません。


というような事前知識を学んでおき、事故やトラブルを未然に防ぎ、なってしまった場合は一人で悩まずに、相談しましょう。


パーソナルトレーニングを始める前の注意点6個



ジムに入会する前に下の6個を確認し、本当に信頼を置くことができ、安全・安心なサービスを受けることができるかを確認しましょう。


①トレーナーの質

1番の重要事項と言っても過言ではなく、トレーナーの資格や知識、技能、経験、言動など多岐に渡り自分に合うのか、怪我なくできるのかを判断しなければなりません。


最近では、自己の経験のみでおこなっている無資格のトレーナーによる事故が増えていることもあり、有資格者かどうかも確認しておいた方が良いでしょう。


そうすることで、身体のことや栄養など、運動に関わることに関してはある程度の知見があることになりますので、任せることができます。


【AMATERASU】では、国際的な資格を持つ有資格者のみで運営するパーソナルトレーニングジムになりますので、科学的根拠や人体の機能解剖などに基づいた指導を行うことができます。


そのようなジムを探しましょう。


②サービスの質

①と被るところもありますが、器具や機器等において安全面に配慮しているか、お客さんの対応はどうなのか、不便なく利用できるかなど、利用するにあたっての利便性や快適性を確認しましょう。


トレーナーの安全配慮不足は、事故や怪我の1番の原因となり得ますので、負荷のかけ方や説明、安全バーの設置など細かいところも余裕があれば確認しておくと良いと思います。


③契約内容

契約書の内容には必ず目を通し、わからないことがあれば事前に解決しておきましょう。


法的内容や契約内容について、難しい文章で書かれていますが「返金」についてや「キャンセル」、「有効期限」などについては不鮮明にせず、あらかじめ把握しておきましょう。


契約を結んでしまった後にキャンセルや返金を申し出ても、受理されないところもありますので注意してください。


④実際にあった事例を知っておく

よくある事例や実際にあったことなどは、国民生活センターのHPに掲載されていたりするので、事前に確認し備えておくと良いでしょう。


そうすることによって、契約の前に確認しておくことやトレーナーの資格の有無、経験の有無など確認しておくべきことがリストアップされると思います。


⑤体験を受けにいく

実際にジムへ体験を受けに行き、ジムの様子やトレーナーの質、サービスの質等をチェックしておきましょう。


資格を持っている、持っていないは実際は関係ないかもしれませんが、持っていればある程度の知識を有していることになりますで、だいぶ安心できます。


しかし、行うトレーニングに対してきちんとした説明がなかったり、根拠や解剖学に基づいた指導ではなく感覚で伝えていたり、注意点に関して細かな配慮がない場合は疑いの目を持ち、すぐに契約をしないようにしてください。


⑥契約書をよく読む

キャンセルポリシーや契約内容等は、書面を必ず一読し、わからない事があれば確認しておきましょう。


契約を交わす際に、安心・安全に継続できるかを基準にして、少しでも判断に迷ったら一度考えましょう。


ここで、見落としてしまうとキャンセルが効かなくなったり、思っていたのと違っていたりする事があるので要注意です。


正しい知識・資格を持ったトレーナーが在籍しているジムを選ぶ



科学的根拠や人体解剖学などに基づいた指導ができる有資格者のトレーナーが在籍するパーソナルトレーニングジムを見つけることができれば、安心して任せることができます。


事実、自分の経験則に基づいた指導というのは、その指導者には良いかもしれないが万人に通用するとは限らず、初心者ならまず適さないと言っても過言ではありません。


ある程度の知識・技能を持ち合わせたトレーナーならそのようなことはせず、その人のレベルに合わせた運動指導ができるはずです。


人それぞれ、運動開始のレベルや強度、進め方、負荷のかけ方、メニューの内容は異なりますので、あなたのレベルに合った指導ができるのは、知識・資格・技能を持ち合わせたトレーナーだと思います。


初めてのパーソナルトレーニングなら【AMATERASU】


初めてのパーソナルトレーニングで迷ったら【AMATERASU】をお勧め致します。


所属する全員が国際資格の保有者で、知識と経験に基づいた指導ができることに加えて、社内での研修を毎月行い、日々トレーナー全員が知識・技能のアップデートを図っております。


そのため、質の高いサービスの提供が可能になり、より多くの方にご満足いただいております。


長い方だと、6年以上継続して通われている方もいらっしゃり、新規の方でもほとんどの方が継続してボディメイクを行なっていますので、通いやすさ・効果の実感・料金など様々な点において、高評価をいただいております。


そんな実績を持つ【AMATERASU】の誇るトレーナーたちがあなたのダイエットなどを含めたボディメイクを、一からサポートいたしますのでぜひ一度体験にご来店ください。








閲覧数:323回0件のコメント

Comments


bottom of page